予期せぬトラブルで腰痛が表れる|早い段階で医師に相談しよう

hospital

臓器が脱出する病気

nurse

種類と症状

臓器が覆われている筋肉や結合組織の弱い部分を脱出してできる膨らみをヘルニアといいます。この病気は脊椎や脳にもおこりますが、一般外科で多いのは腹部のヘルニアで腸の一部が鼠径部・大腿部・臍部に胃の一部が横隔膜の食道裂孔に脱出します。膨らみの頻度を増やす要因には、腹圧を高める慢性の咳や便秘・重い物の持ち上げ・肥満あるいは栄養不良・腹水や妊娠などがあります。腹部ヘルニアの膨らみは横になったり押し込むと引っ込み、ときに圧迫感や不快感などがあります。押し込めない腸閉塞の状態になると血液の供給が絶たれることもあり、激しい痛みと吐き気や嘔吐がおきます。これを嵌頓ヘルニアといい緊急手術が必要です。食道裂孔ヘルニアでは、胸やけや嚥下困難などをおこす胃食道逆流症を伴います。

診断と治療

腹部ヘルニアの診断は外科専門医の視診と超音波検査やCTスキャンなどの画像検査によっておこなわれます。食道裂孔ヘルニアは、胃・食道のX線バリウム検査や内視鏡検査で診断できます。子どもの鼠径部や臍部ヘルニアが小さいままで症状をおこさない場合は、経過を観察することがあります。膨らみが大きくなり痛みなどが続くときは、専門医がおこなう手術によって腹壁の弱い部分を修復し嵌頓ヘルニアになるのを防ぎます。手術には小さな孔からカメラと器具を備えた腹腔鏡を挿入しておこなう腹腔鏡下手術と普通の外科切開手術があります。裂孔ヘルニアの治療では、辛い食べ物など胸やけをおこす食品を避け正常の体重を維持します。プロトンポンプ阻害剤などの胃酸の分泌を抑える薬が用いられます。