予期せぬトラブルで腰痛が表れる|早い段階で医師に相談しよう

hospital

日常的な腰回りの対処法

doctor

腰痛緩和にはストレッチや筋力トレーニングが必須です。すべてにおいて言えることですが、これらは継続こそが力となります。また、ゆっくり入浴することも腰痛緩和には効果的です。無理をしない範囲で継続的に対策を行ないましょう。

Read More...

臓器が脱出する病気

nurse

臓器の一部が元の場所を脱出して膨らみができる病気をヘルニアといます。腹部の鼠径部・大腿部・臍部や横隔膜の食道が通る部位などにできます。最も多い鼠径ヘルニアは視診で診断でき、押してももどらなくなったときには緊急手術が必要です。

Read More...

腰の痛みと闘う現代人へ

flower

腰椎椎間板ヘルニアについての予防法と治療法について把握しておきましょう。予防法は腰に負担をかけないこと、左右のバランスを均等に保つことです。治療法は牽引やブロック注射の他にマッサージや鍼治療などがあります。

Read More...

痛みを感じたら受診しよう

man

他の病気かもしれない

物を持ち上げたり、階段を登ったりと日常で当たり前のように行なう行為ですが、人によっては腰痛が原因で何気ない動作が辛くなってしまうことがあります。腰痛は軽度であればサポーターなどを使用して対応出来ますが、悪化してしまうと全ての動作を行なうときに、サポーターをしていても痛みを感じてしまう場合があります。そうなる前に、なるべく腰痛の原因追求や治療をしっかりと行なってくれるクリニックへ行きましょう。クリニックに行くことで、ただの腰痛ではなくヘルニアと診断される可能性も出てきます。ぎっくり腰や腰椎骨折している可能性もあるので、診てもらった方が治療も的確に行なえます。ヘルニアも重症化すると手術に発展してしまうことがあるので、手術にまで至らないように、早期の段階で診せることが重要と言えます。

クリニックに行こう

腰痛の症状に応じて治療が行なわれていきますが、悪化していて手術が必要になるときには早めに対応しましょう。負担が大きいのではないかと心配する人もいますが、今は日帰りで手術が出来ることもあるので、気軽に受けることが出来ます。また日帰りであれば仕事や家事に支障が出ないので安心です。いまは総合病院でも腰痛外来を設けているところもあるので、受診して腰の状態を確かめてもらいましょう。クリニックによって早朝や深夜に受け入れをしていることもあるので、生活リズムが人と違う人でも気軽に受診可能です。ただクリニックごとに受診時間や受診日が異なるので、前もって調べてから行きましょう。